2007-04-23

「道わかる?」

別れを告げられ帰途につく僕に送られた

彼女からのラストメール。

 

 

 

昨日、僕は彼女と別れました。

 

 

 

付き合い始めて3年半と、ちょっと。

長かった?

「別れる」「別れない」を行き来したここ1ヶ月のほうが

ずーっと長かったなぁw

 

 

 

あーマジ困る。

 

だって身の回りのものが彼女に関わるものばかり過ぎて

いちいち思い出して困る。

彼女を携帯の待ち受けにしちゃってたようなイタい僕だから

ふと思い出したときの、感情の処理に困る。

 

 

マジ困る。

「嫌いになったわけじゃない。」「イイ男だと思うよ。」

 

「だったらなんで・・・」と言い返したくなるセリフ。

マジ困る。

「タイミング」なんだってさ。

 

 

あと、

この「かおちか」という名前。

彼女と僕の名前を掛け合わせた名前。

彼女が最初に考え出した名前。

 

もう使えないじゃん。

もうまよネーズ書けないじゃん。

ブログ辞めるよ。

今日は、エイプリルフールじゃないよ。

 

 

 

まだ桜の木に花弁残るここ新潟。

その花弁とともに

僕のおっきな恋が散った。

 

 

 

僕、なんで新潟にいるんだろう。

なんて、言ってみたりして。

 

彼女のそばにいたかったからだったんだけどな。

来てから1ヶ月も経ってない。早すぎw

 

 

 

「最後に出会いたかったね。」

こんなに悲しくて切ないセリフは初めてだ。

 

 

 

 

 

もうちょっと心が落ち着いたら

また、ブログしたいな。

 

僕の春眠に暁は光を差すのだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007-03-05

カムバック

ただいま

 

って言っといて一週間空いちゃった。

いろいろやることあってね。

エスカルゴぐにょぐにょでおいしくなかったしね。

 

もう3月ですね。

早いもんだ。

2月の終わり、

「2月だけに逃(2)げていくね〜。あっという間だよ。」

ってある先生が言ってた。

なるほ・・・ど?

うまくないね

 

いや〜それにしても花粉症ですね。

はだがづばっでだいへんでふ。

 

 

という感じで、

無事(?)ブログに帰ってきました。

 

帰ってきたということは

 

失恋は免れたということですねこれ。

また「かおちか」を名乗れるということですね。

 

やったー。

とりあえずよかったー。

これは泣くね。

顔で泣いて、心で泣いて。

 

うそ!

男の子だもん!

泣いてる場合か!ばわいか!

 

これからが大事でしょうよ。

今までよりもっと自然に。

今までよりもっと器用に。

伝え合っていくんでしょうよ。

ぶつけ合っていくんでしょうよ。

 

どっかの姐御が言ってた

「いっぱい言葉にしてあげないと、わかんなくなっちゃうよーん」

その通り!

 

ツラいときはツラいって言うんでしょうよ。

イヤなときはイヤって言うんでしょうよ。

「わがまま」の言い方を忘れた僕。

自分の弱みを曝け出せないなんてだっせー男だ。

これからはまっ裸で勝負!(徐々に)

 

君の気持ちが揺らいだのは僕のせい。

僕が、責任を持って君を惚れさす。

 

 

そんな僕らの門出。門出?船出?再出発?

まあなんでも。

 

「九州」に行ってきたとです。

「ヒロシ」ってどこ行ったとですか?

 

初の年休(有給)を使って行った

2泊3日の九州旅。

初の九州上陸。

 

よか旅だったばい。

 

 

そのはじまりは

カムバック長崎。
カムバックランタンを
カムバックくぐれば、

そこは異国情緒。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007-01-21

胸がずっとズキズキしてる

ちゃんといろいろ言ってくれてありがとう。

目が覚めました。

 

ホント僕は頑固者だと思う。

君に言われて気がついて、

それから自分自身でもよく自覚してて。

なおさなきゃって。

 

君は、僕のそんな「頑固」な部分とか

他いろいろ、

なおらないと思ってるかもしれない。

 

でも、なおる。いや、なおす。

なおすって決めた。

変わるって決めた。

 

自分磨きします。

そして、もう1度僕のこと、認めさせてやるよ。

 

頭の中だけで結論は出さないで欲しい。

話し合いましょう。何回も。

話し合いってのは、結論を伝えるためじゃなく

ぶつけ合って結論を導くことだと思うんだ。

話し合えば、ぶつけ合えば、

「刺激」は生み出せると思う。

「好き」ってなんなのか、その答えは2人で探したい。

「好き」のいろんな形を探したい。

 

もう1度ちゃんと見てほしい。

ホントはダメな部分も。ホントは弱い部分も。

完璧?そんなわけないよ。

ただカッコつけてただけだって。良く見せようとしてただけだって。

ダメな部分を必死で隠してた。たまにしか会えないから。

 

だって、ホントにしっかりしてるやつだったら

こんなに1日中胸が痛くなるなんてことないよ。

食欲がなくて、吐き気がして、

こんなに普通でいられなくなるなんてこと、ないよ。

 

全然まだまだ、自分の全て見せられてない。

見せてない部分いっぱいある。

だから、もう少し時間がほしい。

君に、僕のダメな部分を見てもらいたい。

その時間が欲しいです。

そして何より、

君のこと、もっとよく見たい。

君のことまだまだ知らない。

 

もう1度、ちゃんと君のこと見させてほしい。

そして、もう1度ちゃんと見て欲しい。

それから決めてくれ。

 

あなたの言葉に、気持ちに

共感していきたい。寄り添っていきたい。

「うんうん、そうだね。」って言えるようになりたい。

意外と「共感」とかできるやつなんだぜ?

確かに「頑固」だけど、

意外と「聞く耳」持ってるんだよ?

意外と、引っ張れるよ?

意外と、モテるんだよ?(笑)

 

頑張るから。

頑張ってどうにかなるもんだと、

僕は思ってる。

 

「好き」ということ以上に

君の人生に僕が「必要」だって思わせるよ。絶対。

 

待ってる。

 

 

 

君がこの記事を見ているかわからないし、そもそも

見てほしいと思って書いたわけではなく、

自分の気持ちを消化したかっただけです。

君は、ブログでこんなに気持ちぶちまけられて、

迷惑かもしれないね。ゴメンね。

 

でも、プライドとかカッコつけとか恥とか外聞とか全部どうでも良くて、

とにかく取り戻したいんだ。

失いたくないんだ。絶対。

惨めなほど好きだから。

 

こんなこと言って余計に惑わせてしまうかもしれないけど、

ゆっくり考えてください。

 

 

 

 

 

っつーことで(?)、

自分磨きするため

ブログはしばらくお休みします。

 

 

 

じゃあ、また!

| | コメント (11) | トラックバック (3)

2006-11-04

決戦は金→土曜日

いやー、とりあえず緊張したねー。うん。でも思ったより和やかだったんじゃない?うん。っていうか、僕の父ってフェミニストらしいよ。どおりで僕もフェミニストなわけだわ。フェミニストのDNAを受け継いでるんだもんね。ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-09-13

愛は伝えられなきゃいけない

今日、ある方の講演を聴いた。

 

「冬になっても半袖のままでいたがる子どもがいるでしょう。その子に『風邪を引くから長袖を着なさい』と言っても、『ヤダっ!』となる。しかし、『この赤い長袖と黄色い長袖、どっちがいい?』と問いかけると、『こっち♪』と子どもは意気揚々に選びますよ。」

 

考え方とか、具体的な方法論とか、

教師として、そして将来親になるであろう身として、

とてもためになる話だった。

非常に長かったが

 

 

 

その中で講演者が盛んに叫んだ言葉。

 

 

 

「愛は伝えられなきゃいけない」

 

 

 

夫と妻、親と子、教師と子ども。

 

思っているだけじゃ伝わらない。

 

「当たり前」などと思わず

態度で、動作で、応答で、言葉で。

愛するあの人へと伝えようとしなければならない。

 

 

 

 

 

もちろん君と僕も。

 

 

 

だから僕は伝えようと思う。

 

 

 

 

 

今まさに、この記事をパソコンの前でうっている僕。

この記事を目にしたそのとき、パソコンの前にいる君。

 

そんな君への伝え方。

 

 

 

 

 

 

 

 

キーボードの「R」と「G」を見てくれないかな。

 

 

 

 

 

これが僕の気持ち。

 

心から君が「ES&DE」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-19

下剋上

半年以上ぶりに

「卓球部」(非公認・部員2名)やりました。

(以前の卓球部活動

 

練習場所は

高崎スポーツセンター

(1人あたり30分¥100)

 

 

 

長いブランクのため

当初はなかなか調子が上がりませんでしたが、

部長のご指導のおかげで

徐々に感覚を取り戻していきました。

 

 

 

その後いつものように実戦を行い、

第1戦、第2戦と、

わたくし副部長は部長の前になすすべなく敗れます。

 

やはり部長は強い・・・

雲の上の存在・・・

 

 

 

しかし、第3戦。

 

奇跡が起きたのです。

 

 

 

1試合は3セットマッチ。

2セット先取したほうが勝ちです。

 

1セット目は健闘及ばず

8-11で敗北。(11ポイント先取マッチ)

 

あとがなくなった副部長こと僕。

 

しかし、

僕はこのとき、部長の

"必殺カットサーブ"の攻略法に気がついていたのだ!

 

「カットサーブに焦り、

打ち気に逸っては部長の思う壺だ。

ここは1テンポ打つタイミングを遅らせて

確実に返すことを心がけるんだ。」

 

そう心の中で掲げました。

 

するとどうでしょう。

今までカットサーブを好き放題決められていた僕ですが

徐々に返せるようになっているではありませんか。

 

部長は副部長の思わぬ成長に焦ったか

ペースを乱し、

勝負はジュース、もといデュースへ。

 

部長の必殺サーブを返すことに成功し

勢いに乗っている副部長こと僕。

必殺サーブを返され

動揺を隠せない部長こと部長。

 

勝負の行方は・・・

 

 

 

12-10で、見事

副部長が初勝利!

 

部長からセット取ったの

この部活始まって以来初めてです。

 

副部長である僕が、あまりに感激し

卓球台の傍らで両腕を突き上げたのは言うまでもありません。

 

 

 

しかし、

試合はまだ終わっちゃいない。

 

3セットマッチなので

2セット取ったほうが勝ち。

 

 

 

初勝利で俄然勢いに乗る副部長。

まさかの敗北で

すっかり意気消沈な部長。

 

第3セット。

 

僕は初勝利の勢いを活かし

またもや接戦に持ち込みました。

 

再び10-10のジュース、もといデュース。

まさに大熱戦です。

 

 

 

ここで勝利をもぎ取ったのは

 

 

 

 

 

副部長でした。

 

 

 

第2戦を終えた後の精神状態の差が

この結果を導いたのだと思います。

 

勢いそのまま突っ走った副部長。

まさかの下剋上に本来の実力が出なかった部長。

 

勝負とは、

実力のあるものが必ずしも勝つとは限らない。

 

 

 

卓球部練習試合 in 高崎

    部長 - 副部長

      1 - 2

  •  (11 - 8 )
  •  (10 - 12)
  •  (10 - 12)

 

 

 

今回の試合、たまたまわたくし副部長が勝ちましたが

実力はまだまだ部長の足もとにも及びません。

今回は部長に勝たせてもらったと思ってます。

 

まだまだ未熟な副部長ゆえ、

今後も部長のことを見習っていきたいと思っております。

部長!今後ともご指導のほどよろしくお願いします!

 

部長!カットボールを打つときは

手は横に切るようにではなく

前に押し出すように、ですよね!ね、部長!

 

これからも部長との練習を通じて

もっともっと上達していきたいです!

いつか部長を超えるために・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-08-10

1096

あなたと僕、今日で丸3年。

 

 

「こんな僕」と一緒に居てくれて

本当にありがとう。

 

「こんな」なんて言うと

またあなたに嫌がられるかな?

 

 

じゃあ、今日は

「こんな」

は置いといて、

「ありがとう」

だけをあなたに届けます。

 

 

 

丸3年ってことは、

4年目に突入ってことだよね?

ってことは

3年目は突破したってことだよね?

 

3年目といえば

世間では「倦怠期」とも言われる

1つの節目ですが、

 

んなことなく、

3年目の浮気もなく、

無事4年目突入です。

 

 

 

って、

「倦怠」するわけないけどね。

するわけなさすぎて

倦怠の意味が分からない。

 

 

 

あなたと居ると、

本当に楽しい。

 

本当に本当に楽しい。

 

 

 

何をするでもなく、

隣に居てくれるだけで

 

僕は最高に幸せ。

 

 

 

きみにいつまでも見とれたい 何もいらないよ

きみを愛してるよ 心の底から

          (プライマル ORIGINAL LOVE)

 

 

 

「こんな僕」

なんて台詞を吐いてしまう

自分に自信のない僕が

唯一揺るぎなく言い切れることは

あなたを好きだということです。

 

終わらない愛を教えてあげるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-26

One or nothing.

世の中の女性は2通りに分かれる。

 

あなたか、

あなた以外か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-22

携帯メール

3を3回、2を2回。

 

気持ちを親指に込めて。

想いを電波に乗せて。

届け。

 

これが僕の気持ち。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-05-06

millennium

君と繋いだ手のぬくもりを、

ずっとずっと感じていたい。

君を抱きしめたときのぬくもりを、

ずっとずっと。ずっと。

 

手を伝って、身体を伝って交わす想いは

なんてあったかいんだろう。

 

Kawaharaayako_2  

 

 

 

 

 

 

あなたと手を繋いで歩いてきたこの1000歩。

その1歩1歩が大切で、大切で。愛しくて。

 

でもそれは、

これからも2人で進むための助走だから。

これからの2人に与えられた永遠の中の、

ほんの些細な時間だから。

 

今日という区切りの日は、そっと胸にしまいこんで、

また、歩き出しましょう。

君のほうを見て、そして前を見て

また、歩き出しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、でも

ちょっと祝ってみるのも、Mitsunaga_ryota_1

悪くなかったでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧