2007-04-19

いっそがしいね

いっそがしいね

明日授業参観とか無理ー

超無理ー

保護者懇談とか無理ー

超無理ー

どーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-13

一週間

やっと終わったーーー

こんなに長く、重くずっしりと疲れた一週間は教育実習以来。

いや、子どもはかわいいんだけどね。まあ疲れたね。

近所のスーパーでまた子どもとその親御さんに遭遇。

「○○せんせーい!」なんて急に呼びかけられて

あちゃーみたいな。

めっかっちゃったーみたいな。

もうこれは、今後もずーっとこうだと、

衆人環視の中で生活していると、

覚悟するしかないね。
                   さだめ
それが聖職と言われる教師の運命。

教師は常に教師。

フフッ

フヘヘヘヘヘヘ

ブヒヒヒヒヒヒ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-11

お買いもの

近所のスーパーに買い物行ったらクラスの子とその親御さんに遭遇。まあ校区のスーパーだからねー。初のご対面が上下ジャージですいませんお母さま。プライベートも気がぬけないねー。カップラーメン大量買い込みとかできないねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-06

歓送迎会

マジ新しい職場の人たち最高。

マジ最高の環境。

超いい言葉をたくさん戴いた。

心ん中で号泣するくらい感動した。

「教育は愛だ」

ありふれたくさいセリフも

あなたから発せられた言葉なら信じれます。

子どもに愛を注ぎたい。

子どもに影響を与えられる教師になりたい。

着任から1週間、

ひたすらテンパってばかりの僕だけど

マジ全てを捧ごうと決めた。

マジ子どもって最高だっけね。

「子どもが好き」

それが全てだっけさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-03-23

priceless

priceless
今日をもって、
社会人1年目、そして
教員1年目、終了。

もらった
花束、数々の写真、子どもたちひとりひとりの手紙…
マジ最高すぎる。

「先生と握手したくないです。
だって、握手したらお別れってことでしょ?」
なんて言うんじゃねーって。
泣くって。

僕は子どもたちからはあだ名で呼ばれてて、
それを「ちゃんと○○先生って呼びなさい」って注意する先生がいて、
あだ名で呼ばれることを止めようとしない僕を
その先生は苦々しく感じてたんかな〜なんて思ってたんだけど、
今日の送別会で
「建て前上注意してたけど、わたしは別にいいと思ってる。先生をなめてあだ名で呼ぶのと、先生が好きで親しみを込めてあだ名で呼ぶのとは違う。あなたに対しては後者でしたから。」と言ってくださって。
マジ感激した。

先生方は、僕に
いい雰囲気があるって、
子どもに好かれるって、
そして
あなたなら大丈夫、って。
お世辞といえど、
自信になります。勇気がわきます。
とある先生には、
あなたにならうちの娘をあげたいと思う、
と言われました。「うちの娘、嫁にどう?」
お気持ちだけありがたく頂戴します…w

ホントみなさん素晴らしい先生ばかり。
自分も、みなさんみたいな先生になりたい。

僕にとって、教員として関わった初めての1年間。
かけがえのない1年間。
priceless

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007-01-18

なぞなぞ?

子「せんせいもんだい出すね~」
僕「なぞなぞ?」
子「うん、なぞなぞ。」

子「マンションに住んでる人たちが、夜にぜんいんいなくなりました。なんででしょう?」
僕「う~ん・・・・・・なんだろう。難しいなぁ~」
子「ヒントね~!ストレートにかんがえればいいんだよ~。あ!ぜんいん旅行にいったとかじゃないよ!」

僕「え~ストレート~?・・・わかんないや~。」
子「じゃあせいかい言うねー。せいかいは・・・火事だから!

 

・・・えっ?

 

子「火事だからぜんいん出ていったんだよっ♪」

僕「・・・・・・ほーぅ。」

 

 

 

なぞなぞ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-01-15

たけしくんの姉

算数のプリントの問題にこんなのがありました。

 

たけしくんのお姉さんに年齢をたずねたところ、お姉さんは次のように答えました。

「私は

2でわると、1あまる。

4でわると、3あまる。

9でわると、7あまるよ。」

 

女性に年は聞くもんじゃないですね。

算数形式で返答するこの姉もかなりウザイですけどね。

 

たけしくんのお姉さん。

これは小学校の算数の問題だから

たけしくんを小学生だと仮定したら、

ん~、中学生くらいかな?

 

計算してみます。

 

・・・

 

姉、43歳

 

 

 

たけしくんいくつだよ。

 

姉43歳ってことは

一般的な姉弟の年齢差を考えると

たけしくんっておそらく40前後だよね?

 

 

 

・・・・・・

 

たけしくんは

40歳やそこらのオッサン。

 

40歳やそこらのオッサンなのに

たけしくん

 

 

 

いや、いいんだけどね。

ちょっと引っかかっただけだから

別に気にしないで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-01-10

「頭切った?」

どうもー

 

バッサリ髪を切って新学期を迎えたら

会う子ども会う子どもに

「髪切った?」

って言われる僕でーす。

どうもー

Tamorix

 

 

 

どうもー

 

バッサリ髪を切って新学期を迎えたら、

今さら

「ベッカムヘアーみたい」

と言われた僕でーす。

どうもー

 

 

 

 

 

子どもに、

髪を切ってきた人に対して言われ続けてきた往年のジョーク

 

「頭切った?」

 

を言われました。

 

 

いつもはそういうのにもノってみて

僕「切ったよー」

子「えー、"頭"切ったのー!?」

見たいなやりとりを楽しんだりもしますが、

 

この日は、なんだか気分的に

絶対のんねーと心に決めてみまして、

 

子「頭切ったー?」

僕「ううん。切ってないよ。あ・た・ま・は切ってないよ。」

 

と断固拒否してみました。

 

3人くらいに「頭切ったー?」って言われたんですが

全部拒否してやりました。

 

 

もちろん、

子どもたちの反応といったら

 

「チェッ・・・」

見たいな感じっすよねー

 

 

 

いいんだいいんだー

 

こういうのもありだと思うんだー

 

フフフー♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006-12-13

女は怖い

小5の女の子と

バレンタインデーのチョコについて話したんだけど、

 

「女って怖い」と思った。

年齢は関係ない。

 

 

まず、堂々と

「バレンタインデーにチョコを渡すのは、

ホワイトデーのお返し目的」

と言い放つ小5♀。

 

チョコに

「おかえしは○倍ね♪」

というメッセージを添えるらしい。

恐ろしい。

 

 

また、チョコに劇物

(わさび・一味唐辛子・七味唐辛子・それらのミックス)

を混ぜ込み、

それを男子に食わせ、喚き散らす様を見て

「キャハハハ」

と高笑いするという小5♀。

 

 

彼女たちが大人になったら

いったいどんな女性になるのやら。

 

たのしみですね。ははは。

 

 

 

「先生もチョコいりますか?」

「いや、いらないいらない・・・」

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006-11-30

「どうぶつのひみつ」クイズ

2年生の国語の授業で、

"動物に関する本を読んでその中からクイズをつくる"

という学習活動がありました。

 

例えば、ラッコに関する本を読んで

おなかの上で食事をするという知識を得たとしたら

もんだい「ラッコはどうやってごはんをたべるでしょう。」

ヒント「ラッコは水にうかんでいます。」

こたえ「おなかのうえでたべます。」

という具合に。

 

そういう感じで「もんだい・ヒント・こたえ」を作ってくんですけど、

子どもたちが作ったクイズの中で

1つ、とてつもないクイズを発見しました。

 

 

 

もんだい「なんでウサギは白いんでしょう。」

ヒント「ウサギだから白い。」

こたえ「ウサギだから白い。」

 

 

 

 

 

(゚Д゚)

 

 

 

 

 

まず、ヒントと答えが同じであるということに驚きを隠せませんが、

それよりなにより

 

「なぜウサギは白いのか。ウサギだから。」

って。

 

 

 

「なぜ山に登るのか。そこに山があるから。」

みたいなノリだよね。

 

 

 

ってことは、これはある意味名言かもしれない。

そう言われりゃすげー深い言葉な気がしないでもなくない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧