2006-03-14

ボランティア最終日

お別れの日。

 

今まで、教育実習などで

何度か別れを経験したが、

その中でも、今回が1番心に響いた。

 

たった2週間の教育実習などよりも

約1年間、季節の移り変わりと共に

子どもたちと日々を過ごし、

その成長の過程をありありと目にしてきた

今回のボランティア活動のほうが

積み重なった想いも大きいのである。

 

 

 

060314_23430001  

 

 

 

 

手紙を貰いました。 

 

 

 

060314_23440001  

 

 

 

 

写真を撮りました。

 

教師って

この瞬間のために

1年間、大変でも頑張り続けるんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-01

合格をもって恩返しに代えさせて頂きます

本日も飲み会。

ボランティア先の先生方との慰労会でした。

 

会場「五郎」。

 

【雪見鍋&越後もち豚コース】

  • 漁師風サラダ
  • 雪見鍋
  • 刺身5品盛
  • 越後もち豚とじゃがいもの煮物
  • 山菜和え物3種盛
  • 日向赤鶏の手羽塩焼

など全10品+飲放。

 

わっほ~ゥ、豪華~ゥ。

牡蠣やら蟹やら食っちゃって。

学生身分では食せないレベルね。

とっても美味しかったわ。

 

 

 

いや~、

とても楽しく有意義な飲み会でした。

 

細かいこと挙げたらきりがないから

特に言わない。

 

 

 

 

 

1つ言えるのは

教師の皆さんは非常に見た目が若いということ。

 

気が若いからか、

子どもたちの若いエキスを吸収してるからか。

 

だから、教師の年齢は

パッと見+5歳くらいが妥当と見る。

(どうでもいいし教師をそういう目で見るのはやめましょう)

 

 

 

 

 

今回のボランティア活動、

このような飲み会の席も含めて

教師という職業の裏も表も

一端ではあるが垣間見ることができて

本当に良い機会だった。

 

学校一やんちゃな学年を受け持ったことも

今後に向けて、非常に貴重な経験となった。

 

残りの活動はあと2回、

現場という最高の教材から、

1つでも多くのことを学ぼう。

 

 

 

飲み会の帰り、

なごり雪舞う寒空が

スーツ姿の僕を震わす。

 

いよいよ3月。

もうすぐ春がやってくる。

 

春。

 

はて、僕は何をしているのやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-01-24

つぶやきを言葉に

『ふでばこ』

 

白くて細いふでばこを

ふるとシャカシャカ音がする

白くて細いふでばこで

クルクルライオンおどってる

シャカシャカシャカカ

クルクルクルル

音に合わせてダンシング

 

(作者不詳)

 

 

 

『○○先生』

 

スラッとして

ピシッとして

サラッとして

パリッとして

ワクワククラスの

ハキハキ先生

 

(作者不詳)

 

 

 

 

 

子どもに

「なんで拳骨するとき息をハァ~ってかけるの?」

と聞かれ、

「気合。」と答えといた、

どうも僕です。

 

 

 

今日は、昼休みの時間

子どもたちと相撲しまくりました。

 

汗びちょびちょ。

 

 

 

1vs3とか1vs4とかで対戦。

両手両足を封じられたりして。

 

 

 

まあ、

全勝したけどな!

(手加減は教育上よくないよ☆)

 

 

 

あんなに溌剌と楽しそうにしている子どもたちを

初めて見ました。

笑顔がまばゆかった。

 

一気に子どもたちとの距離が縮まった気がします。

子どもたちが一段と馴れ馴れしく気さくに

接してくるようになりました。

 

 

 

本気でぶつかり合って初めて

心って通じ合うんですね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、子どもたちの夏休み思い出俳句

をいくつか紹介しましたが、

 

今回は冬休み編で。

 

僕のツボにきた作品をいくつかご紹介。

 

 

 

『厳選★小学生の名(迷)俳句集vol.2』

 

 

  • かまくらを つくったけれど はいれない

 

  • すべりだい 作ってみたけど こわれたよ

 

切ない。

 

  • クリスマス サンタさんから アイポッド

 

小4でiPod...

 

  • ぼくだけは せんたくものが 少なかった

 

思い出?それ本当に思い出?

 

 

 

 

 

この俳句が書いてある『冬休みの思い出新聞』には

『4コマ漫画』を作るコーナーもあり、

 

さすが小学生、

多くの子どもたちが、僕の想定の範囲外な

超衝撃的起承転結をお送りしてくれてます。

 

 

 

その中でも、特に衝撃ならぬ笑撃をうけた作品をご紹介。

(活字なのであまり伝わらないでしょうが)

 

 

『ていでん』

 

1.アイス食べよ

 ↓

2.ドロッ

 ↓

3.ていでんだもん、とけてるよ

 ↓

4.そーだったー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オチてねぇ。

 

「そーだったー」って。

 

 

 

 

 

いやまあ、まだ小4なんで当然ですし。

逆にそれが面白いっていうか。

 

 

 

 

 

おまえら、大きく育てよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-01-18

密の味

ボランティア先の先生から
りんごいただきました。
これ、前にもいただいたんですが
あめーの。でら甘い。でらべっぴん。
このりんご、市場に流通してないものらしい。
売り物ではないレアなりんご。
蜜たっぷりなりんご。
佐渡のりんご060117_19450001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-21

和製マコーレーカルキン

みたいな子がいるのよ。

ボランティア先の小学校に。

 

4年生なんだけど、

体重が22kgしかない小さな男の子。

 

まさに可愛らしさを絵に描いたような子です。

 

でもその子が、最近反抗期に突入。

ただ甘えるだけだった彼が、

あー言えばこー言うようになり、

ちょっぴり素直じゃなくなりました。

 

でもそれは良いこと。

彼は、ちょっとづつ成長してるのです。

反抗期は、彼の成長の

大事な大事な過程なのです。

このプロセスを経て、

ちょっとづつ大人になっていくのです。

 

担任の先生が、

「大人になってきたんだねぇ。」

とふと言いました。

まさにそれは親の心境。

 

 

子どもたちの成長は、とても早い。

 

週1回しかお世話になっていない僕でも、

1学期初めて子どもたちと出会ったときと比べて、

今の彼らが急速に成長を遂げていることが

明らかに分かる。

 

例えば、今日ドッジボールをやったのですが、

以前なら、確実にケンカが起きるわ

当てられた女の子は泣き出すわで、

間違いなく試合など成立しないですが、

今日は、誰1人泣くこともなく

終えることが出来ました。

 

当たり前のことだと思うかもしれませんが、

でもこれは、彼らにとっては

目を見張るほどの成果なのです。

 

週1回しか関わっていない僕でも

その成長ぶりに思わず目を細めたくなるのに、

ましてや担任の先生なんて、

その感慨はひとしおでしょう。

 

 

 

その感慨、いつか味わいたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-13

さむい・・・

chibetai  

ボランティア先の小学校、

水はけ悪すぎて

校庭凍ってんねん。

滑んねん。ツルツルやねん。

ごっつこわいねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-06

「甘いもの好きかね?」

という渋すぎる声が後ろから聞こえ、

振り返るとそこには校長先生。

 

本日、ボランティアから帰る際に、

ボランティア先の校長先生から

和菓子を頂きました。

千年樹051206_17470001.jpg

 

なんと金粉乗ってます。

金粉 on the 和菓子です。

 

風味あるくるみ餡をしぐれ餡で包み

金箔と抹茶を散らし、苔むす千年の大樹を表しました

 

お上品な味。

餡にくるまれたくるみがいい。

 

美味しゅうございます。

美味しゅうございますけど。

 

こんな糖分の塊、

確実に太りますよ、校長先生。

 

あと、

付属のお抹茶を振りかけてお召し上がりください

って書いてあるんだけど、

僕、その抹茶もらってないですよ、と。

本来、抹茶で甘さを相殺するもんなのかな、と。

だからそのまま食うと死ぬほど甘いですよ、と。

いや、校長先生。

別に気にしてませんよ。

ごちそうさまでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-28

和製ベッカム

僕は短髪派。
ちょっとでも伸びるとウザい。
セットも面倒くさい。
 
ただ、頻繁に切りに行くのも
それはそれでウザイので
髪を切るときは一気にバッサリ切り、
理想よりも短めにします。
切って約2週間後(現在)に、
自分的に理想な長さになるくらいに。
 
僕は先日も記事にしましたが、実に
Hugeなheadなので、
ボリュームupを最小限に抑えるという意味でも、
短髪のほうが自分に合ってるのでは、
と思ってます。
 
しかし、短髪後
ボランティア先の小学校に行くと、
子どもたちには一部を除いて軒並み不評でした。
『髪立てない方がいいよ』(タメ口)
なんて言われて。
ある子には『波田陽区』
なんて呼ばれちゃって。
『和製ベッカム』
なんて言ってくれる子もいたんですが。
モヒカンでもないのに。
 
てか和製ベッカム古くない?
ベッカムヘアー流行ったの3年くらい前でしょ?
そんとき君たち小学校1年生でしょ。
どんな小1よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-09

う○こ

僕は子供が好きです。

教師になりたい理由のうちの1つです。

小学生くらいの子どもが好きです。

小学校の教師になりたいです。

 

その旨を伝えると、

『え?お前ロリコンなの?』

って反射的に聞いてきちゃったりする、

ちょっとアレな人が必ずいます。

 

その質問は、男子校出身だと言うと

『え?ホモとかいるの?』

って聞いてきちゃうくらいアレです。

 

まったく、そんな愚問

低レベルにもほどがありますよ。

(ところで女子校ってレズとかいるんですか?)

 

 

 

そんな子ども大好きな未来のマイホームパパ候補の僕ですが、

今日ちょっと壁にぶち当たりました。

 

彼らの笑いがわかりません。

 

僕は笑いの好みには結構こだわりがありまして、

大きく言うとベタよりシュールが好きなんですが、

小学生はベタど真ん中です。

べたべたです。

 

だからさ、正直笑えないときも多々あるのよ。

今日も、面白い話ありますよ風な雰囲気を醸しだしながら、

「先生聞いてよ~」とニコニコしながら話しかけてきて、

周りの子達もクスクス笑っているから、

さぞかしおもしろいんだろな~

と思ったら、

 

 

 

オチ『う○こ』だし。

 

 

 

『う○こ』って言った瞬間、

みんなゲラゲラ笑ってんの。

男の子も、いつもはおませな女の子も。

 

今日の給食、

シーフード入りのトマトスパゲッティーだったんですけど、

それ見てまた、

 

「これ『う○こ』っぽくない?」

 

また大ウケ。

 

 

えー。

また『う○こ』ですか?

せめてメニューがカレーのときに言おうよ。

トマトソースで『う○こ』なんて、

まるで血べ(以下自粛)

 

 

 

とりあえず、

小学生の笑いの基本線は

『う○こ』ですよ。

 

小学生の前で『う○こ』と言ってみましょう。

彼らは、今までに見たことないほどの輝きを放つ

最高の笑顔を僕たちに向けてくれるでしょう。

 

Vivaう○こ!

 

 

 

 

 

う○こう○こ言い過ぎたら、

昨日のカレー食う気失せたんですがどうしてくれようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-11-08

ボランティアはもはや、立派な自主トレですよ

20mシャトルランって知ってます?

体力テストのやつ。

 

あれ、今日ボランティア先の小学校でやってましてね。

なぜか流れで僕もやるみたいな感じになっちゃって。

 

で、走ったんだけど

マジしんどい。

 

最初は『ほど良いところで止めようかな~』

なんて思ってたんですが、

やっぱだんだん本気になってきちゃって。

僕、勝負師だからさ。

勝負に妥協なんていらない!

 

 

で、最終的に子どものトップの子と僕の

2人だけが残りまして(大人げなく)、

その子がちょうど70回目でへたり込んだので、

僕もそれに合わせて倒れこむ、みたいな感じ。

 

だって、僕が単独1位になったってサブいじゃないですか。

空気読めって感じじゃないですか。

1位の子のプライドを傷つけることにもなるし。

 

だからといって力抜いたりすると、

『先生~、ちゃんとやってよ~』

なんて怒られちゃったりする。

その頃合いが難しいんすよ~。

(これはマジでいつも迷う。どこまで本気で臨むべきなのか、バランスを見計らいどの程度手加減をすればいいのか、の判断が非常に難しい。)

 

そういう意味では、今日の同点1位は

1番バランスのいい結果だと思います。

子どもたちは『先生すげ~』って言ってくれたし。

 

同点1位の子に、

『先生本気出してないでしょ?』

なんて言われたときはドキッとしましたが、

『そんなことないよ~、もう限界だよ~』

と言って、なんとか丸くおさめました。

実際結構キツかったんですけどね。

 

シャトルランとかマジキツイって。

もはや、立派な自主トレですよ。

子どもおんぶして階段駆け登らされたりしてるし。

もはや、立派な自主トレですよ。

今日は、ざっと20回以上は子ども担ぎあげたっつーの。

もはや、立派な自主トレですよ。

もはや、立派な自主トレですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧