2006-10-22

名前

世界一長い実用的な英語

スウェーデンに住む夫婦が1991年に生まれた息子に名づけようとした名前

世界一長い地名

(タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ)

 

 

 

だってさ。

 

 

 

ちなみに僕は、円周率が

3.141592653589793238まで言えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-10-21

数学

数学の授業を始めます。

 

 

 

 

 

[第1問]

何もかもが間違っている数学の回答

 

その発想力が欲しい。

 

 

 

 

 

[第2問]

Math

 

続きを読む "数学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-30

伝説達成

このたび、「一週間毎日ファミレスで勉強した男」という黄金伝説を達成した、どうも僕です。先週末の土曜日から今日の金曜日まで、毎日ファミレスにて(サイゼ:ガスト=6:1)勉強いたしました。最終日の今日は、その疲労の蓄積により不覚にも眠りに落ち、目が覚めたらサラダの皿が下げられていた、というハプニングにも遭遇しましたが、無事伝説達成です。ちなみに、先週も金曜を除いて毎日ファミレスに行きました。明日も行きます。出費もバカになりません。でも、今はやるしかない。「合格とったどー!」って言いたいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-23

変な髪型のあいつら

「音楽室」って打とうしたら、タイプミスで
「音楽史ちゅ」になった。

これを機会にお勉強でちゅ。「音楽の父」呼ばれるバッハはバロック時代を代表する作曲家でちゅ。「神童」モーツァルト、「楽聖」ベートーヴェンは共に古典派でちゅ。シューベルトやチャイコフスキーやらはロマン派でちゅ。今日はこのくらいにしとくでちゅ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-06-21

女子高生3

サイゼで勉強してたら近くの席の女子高生が「キモい」のことを大声で「キモス!キモス!」って言ってた。まさしくこいつがキモスだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-20

サイゼリヤ2

今日もまた図書館に行ってきた・・・と言いたいところですが、最近はファミレスで勉強してます。なぜって、図書館だと寝ちゃうから!あの静寂は眠りの国へのパスポートだから!だから最近はファミレスで勉強してるんです。さすがにファミレスで寝ちゃうほど落ちぶれちゃいません。ドリンクバーもあるしね。で、行くとしたらガストかサイゼなんですけど、僕はどちらかというとサイゼ派です。今日もサイゼでみっちり3時間半。なぜサイゼがいいかって言うと、サラダかな。ポイントはサラダ。僕は勉強の時はいつも決まってサラダを注文するんです。だって僕、ベジタリアンじゃないですか。見るからに。誰がどう見てもベジタリアンでありフェミニストじゃないですか。(通称おフェミ)そのサラダが、サイゼリヤの方が抜群にうまいんす。あのドレッシングのサウザン感とか乗ってるパプリカ感とか。パプリカンとか。全然違うんす。ガストのサラダって正直アレなんで。量・ドレッシング共にアレなんで。パプリカ乗ってないし。もうそこには歴然とした差があって。だから僕はサイゼリヤを選んでるんです。サラダ基準で。サラダの差だな。さらだのさだな。しかも今日サイゼ行ったら夏期限定とかいって「ビシソワーズ」がメニューにあったんす。僕ビシソワーズ超好き!なんすかあのジャガイモとは思えないあのクリーミーさとかその他諸々は!ジャガイモの潜在能力を存分に引き出してる!僕はビシソワーズの味ももちろん好きだけどその可能性引き出しちゃってる感に惹かれてます。とかなんとかで僕はこれから勉強と言えばサイゼに行こうと思ってるんですがこの結論は簡単に導かれたものではなく以前COCO'Sで勉強してたらウェイターが近寄ってきて「会社の方針で勉強とかはお断りしてるでやんす…」と追い出された過去を経ての結論だということをお忘れなく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-06-13

天然パーマネント

今日も相も変わらず図書館に昼寝兼昼寝しに来たんですけど、カウンターで整理券を貰い整理券に書いてあった席番号「109」のところに向かうと…あれ?誰か座ってますよ?なんかめがねをかけたガリガリの天然パーマ君(略してガリガリ君)が僕が座るはずの席にいますよ?何故に?状況が把握できません。何故ガリガリ君(天パ)が当然のように「109」の席で勉強に勤しんでいるのか。天パなのに。整理券の番号はもちろん全部違うから、天パの彼の整理券には「109」とは書いていないはずなんですが…(「108(天パ)ならまだしも」)なのに天パの彼はそこに座っています。天パなのに。眼鏡且つ天パなのに。んん…何故だ…そうだ、こう考えるのはどうでしょう。天パ眼鏡くんは、同じ高校で図書館にもよく来ているA子さん(以下、アンジェリーナ)に好意を寄せていました。天パだけど。昨日もこの図書館で天パを振り乱しつつ勉強に勤しんでいたところ、アンジェリーナが図書館に勉強をしにやってきました。アンジェリーナは席に着き、黙々と勉強を始めました。アンジェリーナが着いた席こそが、そう、整理番号「109」の席だったのです。天パくんは勉強をしつつもチラチラと「109」番の席の方に目をやっていました。天パくんは勉強そっちのけで妄想を始めます。とりあえず「109」番のイスになりきってみました。「ぼ、ぼくの上にアンジェリーナがの、乗ってる…」。もう天パくんの頭からはアンジェリーナ、「109」番の席のことが離れません。天パの彼の煩悩の数は108を超え、109をカウントしようとしています。そして、妄想だけでは収拾のつかなくなった天パくんは、ついに今日、その妄想により抑圧されてきた気持ちの発散を実行に移したのです。最終手段、名付けて「もう我慢できないからいっそのこと109番の席に座っちゃうことにするわ(俺天パだけど)」。天パの彼は学校を休み、早朝から図書館の入り口に立ち、図書館の開館時間とともに自習室に駆け込み、「109」の席をわれ先にと必死の形相で(しかも天パで)確保したのです。それ以降、現在に至るまで天パくんは「109」の席に座り続けています。「アンジェリーナのケツとぼくのケツが…繋がった…」間接キスならぬ間接ケツ。ぬぬぅ。この変態が!変態天パ眼鏡!エロメガネ!おまえの母ちゃんで〜べ…て〜んパ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-12

女子高生2

あ゛ー。今日も相も変わらず図書館で勉強兼昼寝してるんだけど、斜め前に座ってる女子高生がジュース飲みんぐに留まらずパン食いだしたー。むしゃぶりつきだしたー。あーりーえーなーいーー。出たよ。また出たよ。常識知らずのアバズレ(たぶん)女子高生。非常識と寝た女、アバズレ(たぶん)女子高生。何してんすか?何図書館でパン食ってんすか?ここは食堂ですか?パン屋ですか?ベーカリーですか?ベーカリーデスカー?マジ今すぐそのむしゃってるパンを小さくちぎって鼻の穴に詰め込んでフガフガ言わせるかもしくはそのむしゃってるパンを小さくちぎって帰り道に1つずつ落としていって仮想ヘンゼルとグレーテルを味わわせたいわー。わわわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-25

スガシカオ

僕の住んでるとこ〜職場間には2つ図書館がありまして、1つは職場から近く仕事からの帰りがけにも寄りやすいんですが、以前も記事に書いたように席数が少ないためか満席になることもあり、またなにより自習室がムシムシしてて勉強に集中できません。それに比べて今いるもう1つの図書館はいやー快適。まず自習室が広くしかも整理券もあるので間違いなく座れる。んでなにより涼しい。窓から爽やかな風が吹き込み、庭からは噴水の奏でる水の音色が聞こえる。う〜ん、快適。実に清々しい。スガシカオ。以前同じく記事にしたアバズレ女子高生みたいのに運悪く遭遇しなければ非常に心安らぐ時間を過ごせます。この夢見心地のような空間で噴水のせせらぎに耳を澄ませていると爽やかな風と水音のハーモニーが子守歌のように僕を眠りへといざないそんな僕を目覚めさせたのは閉館のメロディーでした・・・って、ああっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-23

自習室ですよ

今日もまた仕事帰りに図書館直行というまさに誉められるべくして誉められる感じだったんですがなんと自習室満室!あいたー。せっかく来たのに。席が全て埋まってます。一部空いてるとこには荷物が置かれており「それズルくね?」なんて思いつつももしかしたらトイレ休憩で席を立っているだけかもしれないと寛大な心で彼らの醜い行為を寛容し潔く自習室から立ち去ろうとしたんですがふと目に留まった誰もいない席の机上に『こち亀』の読みかけが堂々と置いてあってさすがにこれには殺意を覚えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)